内装工事見積査定

その内装工事見積金額・・・本当に適正価格ですか!? 必要書類をメールで送信するだけで適正価格なのか回答します!

コンセプト

検討している内装工事・原状回復工事・リノベーション工事・オフィス設計・オフィス移転工事・パーテーション工事
等の内装工事費用が適正価格なのか知りたい!
そんな方向けのサービスです。


昨今ではほとんどといっても過言ではないほど購入したいものの金額や相場を
インターネットで知ることのできる環境になりました。
そんな便利な世の中ではありますが、内装工事・原状回復工事・リノベーション工事・オフィス移転工事・パーテーション工事・・・
などの「〇〇工事」の適正価格や単価などは明確に調べることは困難だと思います。
人材費・商材・建材、現場の状況や仕様等のさまざまな理由で企業によって価格が変わります。
当サイトでは余分な労力・コストをかけず現在検討されている内装工事全般の費用が適正価格か否か、
お客様に代わって精査し回答をする・・プロだからできるサービスでございます。

このような方におすすめ

case.1

長年お付き合いのある業者に任せており
価格交渉していない

case.2

数社の見積りを用意したが
価格に大きなひらきがあり最安値の業者に発注して大丈夫なのか不安がある

case.3

発注納期が迫っていて
相見積を依頼する時間がない

case.4

しつこく営業されるのも面倒だし 見積無料業者に依頼せず簡単に相場が知りたい

case.5

契約上、指定業者に発注をしないといけないのだが
提示された価格が適正なのか知りたい

対応可能な工事

  • ビル・マンションの入退室の伴う原状回復工事一式
    • ビル・マンションの入居に伴う内装工事・内装設備一式
  • オフィス設計・オフィス家具・パーテーション・OAフロア
    • 社内インフラ整備(電話・LAN・コンセント・照明・セキュリティ)
  • ワンストップサービスのオフィス移転やリニューアルに関する工事一式
    • ビル・マンション小規模リノベーション
  • そのほか ご相談ください

サービスの流れ

step.1

問合せフォームより工事内容を送信してください。
あわせて提供できる資料の種類を記入してください。
(例)ビル退去に伴う原状回復工事
   見積書・平面図・仕様書

※この段階ではお客様の情報は不要です

step.2

お引き受け可能か返信いたします。 ※この段階で確実に回答できるかお約束できません 資料に目を通してからの最終判断を行います。

step.3

step.1で回答した書類を 添付して送信して下さい。

step.4

必要書類確認後、精査可能か否かを
最終回答致します。
 

step.5

査定費用の振込先を返信致します。
お客様の連絡先・振込名・振込日を
お知らせください。

step.6

結果をメールにて送信 回答は翌日に可能です。内容や混み具合により
2~3日かかる場合がございますので予めご了承下さい。

査定料金

見積料金(税別)

査定料金

~100万円

5,000円

101万円~300万円

10,000円

301万円~500万円

15,000円

501万円~1000万円

20,000円

1001万円~

30,000円

面談の場合

20,000円~(応相談)

注意事項

対応エリア

関西圏のみ

面談エリア

大阪府/兵庫県/京都府/奈良県/和歌山県

注意点

※本サービスは精査するのみで見積交渉を代理で行ったり、施工業者を紹介することはございません。
※必要書類を送信する際には必ず企業名等の情報を伏せたことを確認の上送信して下さい。
※本サービスは基本メールのみの対応とさせていただきます。電話やFAX、面談で精査をご希望の
 方につきましても初めはメールにて希望条件をお知らせ下さい。
※関西エリア以外のお客様はお断りさせていただいておりますが、著しく関西と他府県と相場が違う
 ことはありません。ご理解の上でご相談は賜りますがメールのみの対応となります。
※精査が困難と判断した案件についてはお断りいたしますので予めご了承ください。

ごあいさつ

最後まで当サイトをご覧下さり有難うございます。
本サービスの対応をさせていただくのは業界歴20年以上のスタッフです。
これまでに得たスキルとネットワークを最大限に生かし的確な精査と回答をお約束します。
しかしながら資料だけではどうしても判断できないことがあります。
その際は追加でヒアリングをさせていただくこともございます。
判断が難しくせっかくお問い合わせいただいてもお断りすることもある場合がございますが、お気軽にお問合せください。
本サービスの結果次第で業者様との交渉がスムーズになったり、コスト削減が実現できたり、何かしらの対策を講じる材料となれば幸いです。

お問合せ